世界文化遺産を巡る



 ▼ メインコンテンツ
 アンコール・ワット
東南アジアで最も有名な世界文化遺産といっても過言ではないくらい有名になった
アンコール・ワット。
カンボジアに旅行する人のほとんどはアンコール・ワット巡りを目的としていますが、
まだまだカンボジアに関する認知度は低いようです。



首都プノンペンは治安はまだあまり良いとは言えませんが、
アンコール遺跡のあるシェムリアプは観光客が多いこともあり、比較的日中は安全です。
最近の旅行パターンとして、カンボジア1か国だけではなく近隣のタイやベトナムを旅行中に
現地のオプショナルツアーにて2、3日ほどアンコールワットへ行くというもの。
非常に効率的で、現地からのツアーだとそこまで費用もかかりません。
もちろん現地では不安だという方は日本の旅行代理店でも手配可能です。

カンボジアに入国するにあたって、日本人には査証が必要になってきます。
あらかじめ日本で取得することもできますが、現地の空港で取得することもできます。
写真だけ用意していれば、あとは申請書に必要事項を記入して20ドルの申請料を払うと
20分ほどでカンボジア入国査証を手にすることができますよ。

また、このような遺跡めぐりをする場合は荷物にも気を付けなければなりません。
特に道路状況や交通事情の良くないアジア地域においては、
移動する際に便利なバックパックを使うことをオススメします。
アンコール・ワット周辺では多くのバックパッカーを目にしますが、
最低限のものを詰めて移動し、その日の宿を探すというスタイルが一般的です。

バックパッカーの宿探しについては、現地で同じバックパッカーから情報を得るのが
一番確実ですが、事前にネットである程度調べておく(※)と便利ですね。
※ちなみに「バックパッカーの宿探しについて」のサイトが参考になりますよ♪

アンコール遺跡は広い範囲に点在しているので
1日や2日で全部まわろうと思ってもまわりきれません。
素晴らしい彫刻が施されている寺院は是非とも時間をかけてみてもらいたいです。

 メニュー
  • ベトナム世界文化遺産
  • カンボジア世界文化遺産
  • ペルー世界文化遺産
  • ギリシア世界文化遺産

  • Copyright(C)2013-世界文化遺産を巡る All rights